Narumiのプロフィール

Narumiのアイコン画像Narumi
Narumiです。

 

もともと私は自分に自信がまったく持てなくて、そのくせ社会不適合で、ただただ路頭に迷う、冴えない20代のOLでした。

今日は私の起業ストーリーを少しお話しさせてください。

 

私は約5年前に、知識・人脈・実績・経験・貯金などビジネスに関してプラスになるような持ち合わせが一切ないゼロの状態で、会社という組織から逃げるようにして…「起業」を目指しはじめました。

今では独立を果たし、当時は未知の世界でしかなかった独立起業も今年で5年目に突入しました。

 

得意な分野は、ビジネスコンサルティング、コミュニティ運営、Webマーケティング、Webライティング、アフィリエイト、プロモーション、マインドコーチング、ビジネスプロデュース、オウンドメディア構築。写真や動画の編集・加工などクリエイティブなことも割と好きです。

私の仕事における共通点はどのビジネスでもパソコン1台とネット環境があれば場所を問わずどこでも仕事ができることです。そのライフスタイルを「ワールドクリエイター」と名付け、よく国内外問わず、大好きな旅をしながら仕事をしています。

 

しかし、この 「起業」という働き方に出会う前の私は、好きなことをしながら仕事ができる、そんなワークスタイルがあるだなんて夢にも思っていませんでした。

そんなの理想のまた理想・・・そんなかんじで。

しかしそれ以上に私が伝えたいのは、「自分でビジネスをして価値提供をする」という中で自分の思考や価値観、ライフスタイルまでも大きく変化したということなのです。

そして今は毎日に充実感があり、やりがいを感じながら仕事も楽しくしています。

そして現在は、自らの経験と海外で得た感動をもとにPC1台で好きな時に・好きな場所で・好きな人と、「自分らしく、グローバルに生きていく」そんなスタイルを全力でご提供しています。

 

私の人生に影響を与えた恩師の存在

少し話しは変わりまして。

 

私の人生に大きな影響を与えた一人に、今は亡き「恩師の存在」があります。出会いは私が大学2年生の頃で、私が当時アルバイトをしていた飲食店の常連さんがその恩師でした。

恩師は私が見るかぎりとにかく「スーパーフリーダムな人生」を送っていました。

 

  • 好きな時に家族を連れて海外旅行
  • 会社は従業員にすべてを任せており恩師は朝の会議だけ参加
  • ハワイに別荘あり・高級車を5台所有

私は恩師から何処と無く感じられる、「経済的・時間的・精神的な余裕」というものに惹かれていったのです。ランチタイム時には週に3回ほど、夜も秘書や社員さん、経営者のお友達、時にはご家族や親戚、お孫さんを連れて月に数回ほど来店されました。

 

当時私は大学の講義の後は、ほぼ毎日のようにアルバイトへ行っていたので恩師の席を接客することが多々あり、徐々に恩師と気さくに話しをするような関係になっていきました。

そして大学4年生の時のこと、私は周りが就職活動をはじめていく中、どうしても就職をするイメージができず、「今はとにかくアルバイトをしてお金を貯めよう。そして大学を卒業したら一年間海外へ行ってみよう!」と、決めたのです。

もちろん両親は猛反対。「安定した職につきなさい」の一点張りで、私の意見などまともに聞いてくれませんでした。きっとあの大学4年生の頃が今までの人生で一番、両親と仲が悪かった時期だったと思います。笑

大人はみんな、「安定した職につくことが正義」そう言うんだ。

ある日、これからのビジョンを恩師に聞かれたので恐る恐る“大学卒業した後は海外へ行く”というプランを話してみたのです。どうせまた反対されるんだろう、、と思っていた矢先、恩師は私にこう言ってくれたのです。

 

「海外へ行くって?!いいじゃん!行っておいで!!日本では得られないような貴重な経験ができるでしょうね。」

・・・

はじめて、認めてもらえた瞬間でした。周りがどうであれど、自分が決めた道を進んでいこうと思えた、そんな瞬間でした。そして恩師は私が渡豪をする前に、こんな言葉をかけてくれたのです。

 

「Narumiさん、これからの人生ではきっとたくさんの選択の場があります。それはもう様々な選択をしてその道を進んでいくことになりますが、

・・・

良いものを選択してくださいね。

良いものを見て、良いものを食べて、良い経験をして、良い環境を選んで、そして、良い人を選んでください。Narumiさんらしく、がんばっておいで!」

 

恩師からの言葉は、これが最期となりました。

実は恩師は半年前から容態が急に悪くなり、検査したところある病の宣告を受けて病院へ通い続けていたそうです。私が最後に会った時にはもう余命宣告をされていたそうで。

症状もかなり重くなってきていたそうですが笑顔で私をオーストラリアへ見送りたいから病気のことは黙っておこう、と秘書の方へ伝えていたそうです。私が渡豪した3ヶ月後に、恩師は帰らぬ人となりました。

 

海外というパラダイス

オーストラリアへ行った矢先に通告された恩師の死。

恩師にはいつも与えてもらってばかりいたので、私が何か恩師にできたことはあったのか?そんなことを考え始めたらきりがなく、その急な大切な人の死と向き合えるようになるまでにはとても時間がかかりました。

しかし、恩師が応援してくれた海外での生活。ずっと憧れだった海外という土地での生活が今叶っているのだから、ここでしか出来ないたくさんの経験を積んでいこう。そう思い、私は少しずつ前へ進みはじめました。

 

はじめの数ヶ月はなかなか英語環境に慣れなければ職も見つからず、大変な思いや苦しいことも沢山ありましたが、無事に仕事が見つかり、海外の生活にある程度慣れてきた頃からは、それはもう最高で毎日が楽しくて異文化が刺激的で、毎日がパラダイスでした。

英語力ゼロ、海外での職歴ゼロだった私がオーストラリアのシドニーでどのようにネイティブ(現地)のお仕事を手に入れることができたのかはこちらから。

あわせて読みたい
チャレンジすることの大切さ!シドニーで経験した過去一番に過酷だったネイティブワークから学ぶ@オー...
チャレンジすることの大切さ!シドニーで経験した過去一番に過酷だったネイティブワークから学ぶ@オー...  私は大学を卒業した後1年間、オーストラリアのシドニーへ行っていました。振り返ってみても、日本では決してできないような貴重な体験をシドニーではたく...

 

歯車のようだった会社員時代

そんなパラダイス生活を終えて、帰国。ずっと逃げてきた日本という現実。これからどうしようか、私の心は一年前と変わらずモヤモヤしていました。

私はようやく、地元にある自動車関係の外資系企業に就職することが決まりました。エンジニアアシスタントという職種で、平凡な収入、ごく普通の会社員をしていました。決まった時間に出社、長時間労働、残業…それが平日の決まったルーティンでした。

外資系企業なだけにとてもフレキシブルな勤務形態ではありましたが、エンジニアが抱えているプロジェクトが終了したその時には超多忙。プロジェクトの資料がすべてアシスタントに回ってきて、その膨大な英文資料をもちろん英文でまとめなければなりません。

それも与えられる期間はいつもたったの数日間でした。なので、その時期だけは帰宅が終電近くになることもしばしば…。

私は女なのでまだ労ってもらっていましたが、男性社員はこの時期になると会社に泊まり込みで資料作成をしてました。次の日みんなの顔はげっそりです(笑)

私へさらにドカンと、重荷を与えてきた場所、それは通勤時の「ぎゅうぎゅう詰めの満員電車」でした。

周りを見渡せば疲れ切って死んだ魚のような目をしたサラリーマン、くったくたな顔をしたOLさん。

負のオーラに取り憑かれそうになりました。 とにかく、そんな会社員生活に嫌気がさしていたんです。

やり甲斐がなかったわけではありません。

でも、企業の中でよく言われるように「歯車」のように働いている自分。

「会社のために」働いている自分。 「自分のために」と言い聞かせている自分。

よく考えるとすごく矛盾していることも分かっていましたが、生活をしていくために【働く=収入を得る】とは、こういうことなのか… こういうことなんだ…。

無理やりにでも納得させて、給料というニンジンをぶら下げられてそれを求めて必死に走り続けている、そんなかんじでした。

でも同時に不安が募りました。

このまま定年まで何十年もこの矛盾した想いを持ち続けながら、同じような生活をしていくのだろうか?

心配でした。閉塞感もありました。

 

恩師の最期の言葉が脳裏に浮かんで

念願の海外生活を終えて帰国をし、就職をしたはいいけれど、私の心は何処と無く将来に対する不安に苛まれる日々。一年前と変わらずモヤモヤする現実。負のオーラに取り憑かれそうになる会社員生活。

そんな時、亡き恩師の、最期の言葉が浮かんできました。

“良いものを選択しなさい”

そうだ、もっと自分の内なる声を聞いて、自分がワクワクするような道を進んでいこう。きっとそんな道を一生懸命に走っている姿を恩師も望んでいるはず。

「現状に”モヤモヤ“するんなら、もっと”ワクワクするような世界“を自分で創りあげていけばいい。私は今、そのための”選択“をするべきだ。」

 

少しずつ行動に起こしはじめる

そして私はインターネットで、【自由 ビジネス 旅 自立 稼ぐ】なんてワードを入れながら情報を調べはじめました。とにかく必死に情報を調べ、模索する日々。

そして私は、このオンラインを活用したビジネスと出会うことになります。

ブログを書いて収益化をしたり、一個人がビジネスを展開していくために不可欠となるようなマーケティングの手法、個人が認知度や影響力を持ちブランド化していくブランディングスキルなどを徹底的に学び始めました。

特に20代前半はとにかく必死で、無我夢中でした。

その学びを深める過程は、もちろんなかなか形や成果へ繋がらず苦しい時期もたくさんありました。しかし、社会人になってはじめて生きている心地がしたのです。

自分自身の成長とともに思いっきりビジネスライフ、人生を楽しんでる!そんな感情が生まれて、嬉しくなりました。

 

あわせて読みたい
ホリエモンの4原則から分析したおすすめの副業は?副業の種類を徹底解説!
ホリエモンの4原則から分析したおすすめの副業は?副業の種類を徹底解説!  今回は、Line@やメルマガ読者さんからよくいただくご相談でもある「おすすめの副業はなんですか?」という内容についてお話しさせていただきました。 ...
あわせて読みたい
トレンドアフィリエイトとは?初心者に最もおすすめする副業・ビジネスの手法
トレンドアフィリエイトとは?初心者に最もおすすめする副業・ビジネスの手法トレンドアフィリエイトは、数あるアフィリエイト・副業ビジネスの中でも初心者さんが最も稼ぎやすくて、リスクを最小限に抑えた取り組みやすいビジネススタイルです。...

 

そして、没頭に没頭を重ねた結果、1日の収益が1〜2万円を超えるようになり、会社のお給料以上の収入を副業で得られるようにもなりました。

その後は、ブログで成果を出す過程で身につけてきたスキルや知見を元に情報発信を始めて、コンサルティングやコミュニティ運営も行うようになりました。そして会社員時代の倍以上の収入が叶ったタイミングで思い切って会社を退職しました。

今では毎月安定して1つのブログから会社員時代の収入の倍以上を。情報発信の自動化の仕組みからも会社員の頃の収入を大きく上回る収益を得られるようになりました。しかし、そんなことはどうでもいいくらい、私の人生はまるで世界が180°変わり、そして生きる意味すら変化してきました。

人生とは、きっかけ一つでガラッと様変わりするということを体感しはじめたのです。

 

主なビジネス実績
  • 2015年11月:アフィリエイト19万達成
  • 2016年7月:情報発信月収140万達成 中小企業マーケティングコンサル受注
  • 2016年12月:オンラインビジネスサロン主宰
  • 2018年6月:情報発信月収200万達成(自動化)
  • 2018年12月:情報発信月商760万達成(独自企画)
  • 2019年:年収1,000万円達成

会社のための人生ではなく、自分のための人生を

例えばこんな変化がありました。

まず、パソコン1台あればいつでもどこでも仕事ができるので時間と場所に縛られることがなくなりました。

さらにそれらを「仕組み化」しているので、仮にパソコンの電源を1日中いれなかったとしても生活できるだけの収入くらいなら得られるようになりました。

さらに、ビジネスを通して得たマインドや知識・スキルは一生使えるのでやりたいこと、伝えたいこと、興味のあることなど、あらゆることをビジネスとして活動できるようになりました。

例えば、個人や法人さんのコンサルを行ったり旅先の海外で知り合った方と事業の話しへ繋がったりと、私自身の見える世界が大きく変わりました。

だからこそただ淡々と仕事をするのではなく、

「もっと価値提供をしたい」 「良質な情報を伝えていきたい」 「クライアントさんに貢献したい・応援したい」

といった、使命感や責任感をもって仕事をするようになったのも会社員時代では決して感じられることのなかった心境で、大きな変化の一つです。

 

 

ワクワクにフォーカスした結果

 

そんな中でも一番の変化は「自分自身」でした。

ビジネスを通して、自分の考えを主張したり自己表現をすることで、自分のことを改めて知ることができれば、理解もできたり生き方を追求したり、本来の内なる声に寄り添い耳を傾けながら正直に生きられるようになりました。

ビジネスを通して得たものはもはや計り知れませんがそれは確実に私自身の「自信」へ繋がり、さまざまなことに挑戦できるようになりました。

 

好きな時に大好きな旅を楽しめるようになったり、スポーツ好きの起業家仲間と平日の昼間からフットサルやバスケを楽しんだり、好きなタイミングで実家へ帰省したり、会社員の頃では考えられないくらいの変化とともに選択肢の幅が、本当に大きく広がりました。

 

 

「選択」が変われば「行動」が変わる。 「行動」が変われば「環境」が変わる。 「環境」が変われば、必ず「未来」が変わります。

そうすべては、 ”選択次第” 。

 

そんなことの大切さを教えてくれた恩師には感謝してもしきれません。今では感謝の言葉を伝えることもできないので、私の人生そのもので恩師のあの最期の言葉を、しっかりと体現していこうと思っています。

 

「自分の内なる声に耳を傾けて、いつだって “最善の選択” を。」

 

今回は、もともと冴えないOLだった私が起業に至るまでのストーリーを書いてみました。

“少しでも現状を変えたい、モヤモヤする…”

そんな方に、当時の私の赤裸々な想いと私が受け取った恩師の言葉が、少しでもお役に立てば嬉しく思います。長編となってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

また、私が発行している無料のメールマガジンでは、実際に私が何のビジネスで起業したのか。どのようなマインドで取り組み、どのくらいの期間で成果が出たのか、そしてどのようなステップを経て、好きなことややりたいことを楽しみながら年収1000万以上を稼げるようになったのか。など、ビジネスに関するより詳しいお話をしています。気になる方はぜひ無料のメールマガジンも覗いてみてくださいね。

 

Narumi



よかったらシェアしてね!