【告知あり】もしも、明日死ぬとして。×1つのブログから月収40万の真実《旅人通信 vol.6》

 

Narumi

 

突然ですが、

もしも、明日死ぬとしたら

この人生に

「後悔なんて何ひとつないぜ!」

と言えますか?

 

私は過去に一度だけ
人生を思いっきり謳歌し、
きっと後悔ひとつなく・・・

 

そして
人生の幕を閉じていった方の
その素晴らしい生き様を
目の当たりにしたことがあります。

 

その方とは、
私の一番はじめの “師匠” です。

 

仕事の面白さ、人との繋がり方、
ビジネスの本質、豊かさマインドを
それはもう全力で・・・

 

全力で伝えてくれた
私の大切な師匠です。

 

還暦を迎えた師匠は生前、
よくこう言いました。

 

師匠

私はもう、
人生やり切ったと言えちゃうな~ハハ~。

仮にね、
もしも明日死んでしまうとしてもね、

この人生に後悔なんて何ひとつないかな。

強いて言えば、孫や新社長、
Narumiさんの成長を
もう少しだけ見ていたいくらいですね。

と。

 

師匠と初めて出会ったのは
私が大学三年生の時でした。

 

振り返ること大学時代。

 

私は地元でちょっぴり高級な
日本食料理店でアルバイトをしていました。

 

そのお店に来るお客さんは
身なりからいかにも
お金持ちそうな方ばかりで
実際に経営者の方、
企業上層の方、 投資家さん
時には芸能人も来店していました。

 

なので名前を聞けば
誰でも分かるような芸能人の
接客をしたことが数回あります。 笑

 

もともと私の師匠は
そのお店の常連さんでした。

 

ランチタイム時には週に3回ほど
夜も秘書や社員さん、経営者のお友達、
時にはご家族や親戚、お孫さんを連れて
月に数回ほど来店されました。

 

大学時代、私は講義後にほぼ毎日
アルバイトへ行っていたので
師匠の席を接客することが頻繁にありました。

 

それから親しくお話しするような、
そんな仲になっていったのです。

 

師匠は私が見るかぎり
とにかく

【スーパーフリーダムな人生】

を送っていました。

 

  • 好きな時に家族を連れて海外旅行
     
  • 会社は従業員にすべてを任せており
    師匠は朝の会議だけ参加
     
  • ハワイに別荘あり
     
  • 高級車を5台所有

 

私は師匠から何処と無く感じられる、
『経済的・時間的・精神的な余裕』
というものに惹かれていきました。

 

まさか出会った二年後に
亡くなってしまうだなんて・・・
その時は思いもしないほど、
元気な方でした。

 

社員と、友達と、家族と・・・

 

どんな席の場であっても、

 

師匠

飲み物大丈夫?

 

師匠

〇〇さん、この天ぷらとどかないでしょう~
少し取り分けましょうか?

 

と、いつだって
誰よりも気遣いが素晴らしく
ニコニコと明るくその場を盛り上げるような、
まさに太陽のような方でした。

 

それから私は師匠の働き方の実態に
どんどん興味が湧いていき、
接客する機会があれば
さまざまなことを質問したかと思います。笑

 

そして私はある日師匠から、

 

師匠

これから秘書ミーティングがある日は
私も会社へ行きますので
その日はあなたも私の会社へいらっしゃい。

 

と言われました。

 

それから私は二週間に一度
師匠の会社へ行くようになりました。

 

そこではまず”秘書ミーティング”を
ひたすら見学していなさい、と言われたのです。

 

秘書ミーティングは実際に
どれだけ会社内部の難しいことを話すのかと思いきや
その内容はいつだって、シンプルなことばかりでした。

 

  • 行き詰まったことがあっても止まらないこと
    成長し続けること、全てを学びとすること
     
  • 何が起きても焦らず、前向きに考えること
     
  • 笑顔の力、辛い時こそ笑うこと
     
  • 人の恩とは貸しても借りないこと
     
  • まずは自分から与えること
    そうすると見えてくるその人の本質

 

私なりに師匠の話をまとめたメモから
一部抜粋するとこんなかんじですが、

特に難しい内容ではなくて
聞けば納得、確かに大切だよね、

というようなシンプルな話を
師匠の面白おかしい、でも
説得力満載な巧みな話術で
秘書ミーティングは進んでいきました。

 

それから私は定期的に師匠の濃い繋がりである
客先上層の方の挨拶回りへ付き添うようになりました。

 

そこでは師匠からこう言われました。

 

師匠

まず、はじめに

突然私の会社のお客さまの
それも上層の方へあなたを紹介するのです

粗相のないように。

それとこれからは何かしら喜ばれるような
菓子折りを持ってくるようにしなさい。

そして本題は、

相手の対応をよく観察しているといいです。

私の言葉・提案に対して向こうが
どのような対応をするのかよく見ていなさい。

と。

 

そして、いつだって丁寧に私を紹介してくださり
名刺を私へいただけるように話しを繋げてくれたのです。

 

大学時代、私は一切
就職活動をしていませんでしたが
そんなことよりも私は師匠から
これからの人生を生きていく上で
大切なことを日々学んでいました。

 

当時は訳分からず、とにかくミーティングに参加して
それから言われるがままに客先挨拶回りへ付き添い
名刺をいただき、その場にいただけでしたが、

今となればその場の価値の偉大さ、
師匠が私へ残してくれたものの大きさを
日々感じ取るのです。

 

大学を卒業後、私は就職をせずに
オーストラリアへ一年間
渡豪することにしました。

 

海外生活は憧れでもあったので
このタイミングでの決断は少し
不安もありましたが何よりも師匠が、

 

師匠

行ってきたらいいですよ〜!

日本では得られないような
貴重な体験ができることでしょうね、

Narumiさんらしくがんばっておいで。

 

と背中を押してくれたこともあり
私は渡豪を決意しました。

 

そして、大学を卒業した私は
卒業式を終えた4日後に早々、渡豪したのです。

 

フライトを控えた当日、
早朝に師匠から電話がありました。

 

師匠

いよいよですね

こないだのお食事の最後にも
言ったことになりますがもう一度・・・

 

Narumiさん、
これからの人生ではきっと
たくさんの【選択の場】があります。

それはもうさまざまなことを選択し、
その道を進んでいくことになるのですが、

 

どうか・・・
良いものを選択してください。

 

良いものを見て
良いものを食べて
良い経験をして
良い環境を選んで

そして
良い人を選んでください。

 

Narumiさんらしく、
がんばってきてくださいね。

 

師匠からの言葉は
これが最期となりました。

 

実は師匠は半年前から容態が急に悪くなり、
検査したところある病の宣告を受けて
病院へ通い続けていたそうです。

 

私が最後に会った時にはもう
余命宣告をされていたそうで。

 

症状もかなり重くなってきていたそうですが
笑顔で私をオーストラリアへ見送りたいから
病気のことは黙っておこう、と
秘書の方へ伝えていたそうです。

 

私が渡豪した3ヶ月後に
師匠は亡くなりました。

 

渡豪してから定期的に
私の調子を伺うようなメールが
送られてきていましたが、
そのメールも来なくなりました。

 

少しして、

秘書の方から
一通のメールが送られてきました。

 

そこには私に知らされていなかった
全てが書いてありました。

 

そして最後に、

 

秘書さん

副社長(師匠)は
安らかに眠られました。

最期のさいごまで、

Narumiさん
向こうで頑張っているかな~

とおっしゃっていましたよ。

 

と、そう書いてありました。

 

私はその連絡を受けた数日間
よく理解ができませんでした。

 

数日経ってからやっと
その事実を受け止めはじめ、
同時に涙が溢れてきました。

 

そして徐々に
生前師匠が私に対して
残した言葉や行動の意味が
分かりはじめたのです。

 

「仮にね、

 もしも明日死んでしまうとしてもね

 ・・・」

 

こんなことを
生前よく呟いていた師匠はきっと
自分がそのうちそうなるかもしれない
ということが分かっていたのかもしれません。

 

そして、

私が渡豪する直前まで
師匠の濃い繋がりである方々に
会わせていただき、名刺を頂戴し
ご紹介に預かっていましたが、

 

今思えばそれはきっと・・・

自分は長くないから。

 

私がこれから先で困ることがないように
信頼の置ける人脈をできる限り
私へ繋げておこうとしてくれたのだと、
そう思います。

 

お陰さまで私のもとには師匠から繋いでいただいた
繋がりのお名刺が今でも大切に手元にあります。

 

きっと仮に
私が勤め先に困ったとして、

 

Narumi

〇〇さん(師匠)と以前
ご一緒させていただいたのですが

職に困っておりまして・・・

 

なんていう風に話せば、きっとすぐに雇ってくれたり
良い案を提案してくれそうな先もいくつかあります。

 

それも全ては師匠が生前
全力で私へ残してくれた
かけがえのない ”選択肢” です。

 

それから私は留学生活を終え帰国し
一度就職をしましたが、

 

師匠のように

 

【誰かの人生に素敵な足跡を残せるような人生】

 

を送りたくて、そして、師匠のような

 

【スーパーフリーダムな人生】

 

そして何よりも

 

【何ひとつ後悔のない人生】

 

を送りたくて、
ビジネスをスタートしました。

 

独立をして早二年半、
好きな時に大好きな旅を楽しめるようになり、

今、少しずつではありますが
私の人生は豊かになってきています。

 

もしも、明日死ぬとしたら

この人生に

「後悔なんて何ひとつないぜ!」

と言えますか?

 

正直に私は、
まだまだそうは言えませんね。笑

 

この一度きりの人生では
まだまだ見たい景色や得たい感情が
たくさんあります。

 

しかし、ビジネスを始めて
“自分の身ひとつで稼ぐ力” を
養ってきたお陰で、

 

少しずつ少しずつ・・・
私自身の “自由度” や “幸福度” は
確実に上がっていることを体感している、
そんな今日この頃です。

 

なんだか今日は
師匠を思って仕方なかったので綴ってみました。

 

話しは変わりまして。

 

主宰ビジネスサロンメンバーのクロムさんが先月、
ブログアフィリエイトで月収40万を達成されました。

 

達成記念トークセッション&お喜びの声
(収益画像あり)>>

毎日が楽しくて仕方ないです!|コンサル生のクロムさんがブログアフィリエイトで『月収40万円』を達成されました。

 

私も本当に嬉しいです・・・

 

本当によかった!
クロムさんおめでとうございます!

 

やはり結果をシッカリと出していく方って
“行動力”と”行動量”が半端ではないですね。

 

コンサルさせていただいていると
つくづく痛感します。

 

もちろんこのように

【自分の身ひとつで稼ぐことができるスキル】

をどんどん
養っていくことも大切ですが、

 

とはいってもお金とは、
私たちの豊かさを引き上げてくれる
ツールに過ぎません。

 

これからこのツールをひとつ武器に
メンバーさんがどんどん豊かさレベルを上げていく、
そんな姿がとっても楽しみです!

 

P.S.

バシャール曰く、
こっちの世界が幻なんだとか。

 

だったらこの限られた幻の時間を
最大限楽しんで元の世界に帰りたいね。

 

人生、豊かに楽しんでナンボ!ですね✨

 

それでは
今日はこのへんで失礼します。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

素敵な一日をお過ごしください。

月収10万円までのビジネスレシピを無料プレゼント中!

Narumi
 icon-check-circle-o 人生を変えたい、豊かにしたい、もっと自分らしく生きていきたい…
 

まずは1日5分で学べるメール講座から icon-envelope-o

人生をシフトするきっかけを掴んでみてください。



ABOUTこの記事をかいた人

Narumi

当ブログ管理人のNarumiです。

もともと頻繁な海外旅行で貯金はほぼゼロ、
月収16万円、ボーナスなしの冴えないOLをしていました。

インターネットビジネスを始めてこつこつと実践を繰り返してきたところ、
収入が5倍となったのでOL生活に終止符を打ち、
晴れてフリーランスとなり人生を180°シフトすることに成功。

現在は、好きな時に・好きな場所で・気の合う人とだけ
自由なスタイルでシゴトもプライベートも楽しんでいます。

ビジネス経験、知識ゼロ、おまけに引きこもり状態から
這い上がってきた自らの経験をふまえて、
多くの人に「キッカケひとつで人生は変えられる!」ということを
コンサルティングやセミナー活動を通してお伝えしています。

   プロフィール詳細はこちら