休むことは仕事のうち。気持ちよく休むための3つの考え方



Narumiのアイコン画像Narumi
こんにちは、Narumiです。
私の自己紹介はこちらをご覧ください。

あなたは普段、「休むこと」をしていますか?

私は意識的に休みを取り入れないとなかなか仕事や作業から離れられないタイプです。泣

しかし、持続的に仕事をしていると気付かないうちに疲労やストレスが溜まっていき、仕事のパフォーマンスも次第に下がってしまいますよね。

なので私は普段から、意識的に休み時間を取り入れるようにしています。

今回は、私が普段から意識している気持ちよく休むためのつの考え方をご紹介します。

MENU

気持ちよく休むための3つの心得

1. 休む「目的」をしっかりと持つ

休むことは、体と心を休めるためにとても重要なことです。

みんな同じように働いているからといっても、仕事の内容や疲労の感じ方は人それぞれ。

単純に比較できるものではありません。

とはいえ休むことに対して、甘えや現実逃避というようなイメージが付きまとうなら、休むことの目的を明確にするのがおすすめです。

私の場合その目的とは、「翌日(次)から全力で仕事をするためのパワー補充」

例えば、疲れたまま働いてミスを連発してしまったり、イライラを他人にぶつけないためにもですね。

100パーセントの力を発揮するための休息だと思えば、休みを取ることに対して罪悪感を抱かずに済むでしょう。

2. 「なぜ働くのか」を明確にする

今の仕事について、ずっと続けていきたいのか、あるいは転職したいのか起業したいのか、などなど、「長い人生においてどう働くか」についてより広い視野で捉えると、疲れを感じた時に取る束の間のお休みなんて、目の前のたった一瞬の出来事にすぎません。

生活のためにもやりがいを得るためにも、仕事が果たす役割は大きなものです。

その仕事をより長く気持ちよく続けていくためには、上手にしっかりと休みを取ることも必要です。

3. 他人からの評価を気にしすぎない

生徒さんやお勤めの友人からよく聞くことは、職場全体が「なんだか有給を取得しづらい雰囲気」だということです。

「自分だけ休んだら、周りになんと思われるんだろう…」

そんな心配をして、休みが取れずにいるという人もいるかもしれません。

しかし有給休暇は法律で決まっているので、 条件を満たした労働者に会社は必ず有給休暇取得の権利を与えなければいけません。

有給休暇は労働者に与えられている当然の権利です。

与えられた日数は全て消化して構いませんし、むしろ消化すべきです。
なぜなら有給休暇は使っても使わなくても、得られる給料の額は変わらないからです。
そうは言っても、会社や企業という組織に属している限り、周りの目が気になることや人間関係のしがらみなどもありますよね。
それに有給休暇を全て使うのは、「社会人としての常識が無い」とか「空気が読めない」など思われがちですが、そもそも日本がとても異常だということをご存知でしょうか?
諸外国に比べると、日本の有給取得率は非常に低いです。
世界の大手総合旅行ブランドの1つであるエクスペディアが行った「有給休暇の国際比較調査2019」をもとにして、日本人の有給休暇に対する考え方を探ってみると、こんなデータが出ています。
日本人の有給取得日数、取得率ともに「最下位」
(調査対象: 日本・アメリカ・カナダ・メキシコ・ブラジル・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・香港・インド・マレーシア・シンガポール・韓国・タイ・台湾、サンプル数: 計1万1,217名(19ヶ国)、調査期間: 2019年10月22日~11月15日、調査方法: インターネットリサーチ、調査会社:Northstar)
によると、日本の有給休暇取得日数は10日、取得率は50%となり、調査対象の世界19ヶ国の中で最も低い数値となったことがわかりました。
特に有休取得率50%という数値は、下から2位となったマレーシアとオーストラリアの70%と差が大きく、日本の有休取得率が低いことがうかがえます。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/ef86bc24e5ed5d4f62e264f6428b4d35e98e5ef7

なぜ、日本人は有休を取らないのでしょうか。

その理由としては「緊急のために取っておく」という回答が最も多く、次いで「人手不足」、そして「仕事をする気がないと思われたくない」という回答が続いたようです。

会社での立場や他の社員に迷惑をかけられないという気遣いがある一方で、やはり周りの目が気になる傾向があるようですね。

しかし、他人の評価というのはとても曖昧で、状況や相手の「都合」に大きく左右されることもあります。

休んだことで下がるような評価を気にするよりも、自分のための休みをしっかり取り、仕事の質を高めたほうが真の評価に繋がるのではないでしょうか?

まとめ

新宿ハイアットのピークラウンジF41で対面コンサルday。

なによりも、体が健康だから働けます。動けます。

安定して長く働くためには、まずは健康な体という資本があってこそ。

そのためにも時には自分の心の声を汲み取って自分を癒し、労る時間も大切です。

ちなみに私のお休みの過ごし方は、神社に行って参拝したり自然のエネルギーやグリーンに囲まれること。

そんな時間を過ごしていると、心身ともあっという間にリフレッシュします。

あなたもぜひ、いつも頑張っている自分へ癒し、労りの時間を持ってみてはいかがでしょうか?



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Narumiのアバター Narumi ワールドクリエイター

地元で4大を卒業後、ワーキングホリデーVISAで1年間渡豪。帰国後外資系企業に就職するも、将来に対して漠然とした不安を抱え、現状維持を打破し人生を変えたい、もっと自分らしい働き方を見つけたいという思いで2015年にPC1台で独立起業。

現在、海外で得た経験と感動をもとに『世界を舞台に自分らしく自由に生きる』をテーマにした、ワークスタイル.セカンド起業.独立起業を目指す人のためのオンラインビジネスサロン「Global Style」を主宰。二期目が活動中。ビジネスコンサルタント.コミュニティ運営.Webマーケター.Webライター.プロモーター.オウンドメディア構築.マインドコーチングなど多岐にわたり活動を展開する。

そんな中で得てきたことや私流の自分らしく生きる方法論をこのブログを通して発信しています。「一度きりの人生」あなたも私と一緒に謳歌しませんか?

   >>プロフィール詳細はこちら

MENU
閉じる