自分の価値の見つけ方.定め方.高める方法。それが重要な理由とは?



 

Narumiのアイコン画像Narumi

 

突然ですがあなたは自分に価値があると思いますか?難しい質問ですよね。「ある!」って即答できる人もいれば「ないかも。」と自信なさげに言う人もいるかと思います。少し前に自分の価値について考えさせられることがあってから私なりにいろいろ模索してみました。

 

今回は自分につける価値について書いていきたいと思います。そもそも、自分の価値ってなんだろう?どのくらいあるんだろう?誰が決めるの?

 

なんだか普段あんまり考えないことですよね。自分の価値というとイメージしにくいので私は「自分に対する自分の評価」と置き換え、考えてみることで落とし込めました。

 

MENU

自分に対する自分の評価

 

これが高い人もいれば低い人もいます。自分の価値(評価)を信じて疑わない人もいれば自分には価値(評価)がないと言っちゃう人もいます。しかし、これは一体誰が決めているのでしょうか?ふと、そんなことを考えたわけです。

 

自分の価値は自分で決める

そう、自分の価値とは自分で決められるということです。ここでいう価値とは、外側からの「社会的な価値があるかないか」の話ではなく、自分の内側の話です。

 

Narumiのアイコン画像Narumi
深いことを考えず、自分の価値は自分で決めてしまっていいんですよ。

自分の価値なので。あなたの中でのあなたの価値なので。

 

しかし時に、自分には価値がないと思っている人や自分は価値が低い人間だと思っている人を見かけます。「あ、それ私カモ…」と思われている人もいるかもしれません。これってものすごく、もったいないと思いませんか?

 

前述しましたように、自分の価値は自分で自由に決められるんです。では、なぜあえて自分の価値を低く設定してしまっているのでしょうか?

 

【自分には価値がない】と思い込んでいる人の例

 

「自分には価値がない」と思い込んでいる人がいたとします。その人は自分には価値がないと思っているので、

 

  • なにをするにも自信がないです。
  • なにをするにも謙虚で控えめです。
  • なにをするにも弱気です。

 

そうすると、周りからどう見えるか?

 

Aさんのアイコン画像Aさん

あの人はいつも自信がなさそうだなあ…。

Bさんのアイコン画像Bさん
あの人はいつも一歩引いてて控えめだなあ…
Cさんのアイコン画像Cさん

あの人っていつも弱気だよね…。

 

そんなことを思われやすいです。なんとなく想像できますよね?それが続いていくとどうなっていくのか?周りからの評価がだんだん変わってきます。

 

Aさんのアイコン画像Aさん

あの人はなんでいつも自信がないんだろう…。

Bさんのアイコン画像Bさん
一歩引かずにもっと前に出ればいいのに…。
Cさんのアイコン画像Cさん

なにをするにも弱気でもったいないなあ…。

 

周りからこういった印象を持たれやすいでしょうし、こんな印象を持たれてしまっても仕方がないですよね。なにが言いたいのかと言いますと、

 

Narumiのアイコン画像Narumi
自分の価値を下げることによって、周りからの価値(評価)も下がっているんです。

 

実際に、これはとてももったいないことですよね。自分に価値があるかどうかは、自分で自由に決められることなんですから。

 

【自分には価値がある】と思い込んでいる人の例

 

自分の価値は自分で決められる、ならば私はどんな時もこう在りたいなと思います。

 

  • なにをするにも自信があります!
  • なにをするにも積極的に!
  • なにをするにも私にはできるんだ!

 

そうすると、周りからどう見えるか?

 

Aさんのアイコン画像Aさん

あの人はいつも自信があるなあ!

Bさんのアイコン画像Bさん
あの人はなにをするにも前向きだなあ!
Cさんのアイコン画像Cさん

あの人ってなんでも出来るとおもってやってるよね!

 

そんなことを思われやすいわけです。なんとなく想像できますよね。それが続いていくと、どうなっていくのか?先ほどと同じように、周りからの評価が次第に変わってきます。

 

Aさんのアイコン画像Aさん

あの人はいつも自信があっていいなあ!

Bさんのアイコン画像Bさん
前向きだから見ていて元気が出るなあ
Cさんのアイコン画像Cさん

あの人ってけっこうなんでも出来るよね!

 

周りからの印象もこんな風になっていきますね。

 

Narumiのアイコン画像Narumi
自分の価値を信じることによって、周りからの価値(評価)も上がっていくんです。

 

自分が変われば、必ず周りの評価は変えられる

 

周りの評価というものはこのように普段、自分が自分にどんな価値を付けているのかで変わってきます。「自分には価値がある」と思っている人は周りからも価値があると思われやすく、「自分には価値がない」と思っている人は周りにも価値を感じてもらいにくいです。

 

であれば、人生において、前者と後者どちらがいいのだろう?

どちらのほうが幸せな人生を歩めそうでしょうか?

 

もちろん前者ですよね。「自分は価値のある人間なんだ!」と思うことからまずは始めていきましょう。自分が変われば周りも次第に変わりはじめます。最初は思い込むくらいの感覚で大丈夫です。

 

忘れがちなことですが、私たちはもうこの世に生をうけたそれだけで価値なんです。生きているだけでものすごい価値だってことです。そんな自分を愛せて、大好きになってあげられたなら世界は輝いてくると思うのです✨

 

 icon-chevron-circle-down ぜひ読んでいただきたい人気記事リストはこちら



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Narumiのアバター Narumi ワールドクリエイター

地元で4大を卒業後、ワーキングホリデーVISAで1年間渡豪。帰国後外資系企業に就職するも、将来に対して漠然とした不安を抱え、現状維持を打破し人生を変えたい、もっと自分らしい働き方を見つけたいという思いで2015年にPC1台で独立起業。

現在、海外で得た経験と感動をもとに『世界を舞台に自分らしく自由に生きる』をテーマにした、ワークスタイル.セカンド起業.独立起業を目指す人のためのオンラインビジネスサロン「Global Style」を主宰。二期目が活動中。ビジネスコンサルタント.コミュニティ運営.Webマーケター.Webライター.プロモーター.オウンドメディア構築.マインドコーチングなど多岐にわたり活動を展開する。

そんな中で得てきたことや私流の自分らしく生きる方法論をこのブログを通して発信しています。「一度きりの人生」あなたも私と一緒に謳歌しませんか?

   >>プロフィール詳細はこちら

MENU
閉じる