ディズニーキャストの”魅せる精神”から学ぶ!マーケティングから見るディズニーの秘密。



こんにちは、Narumiです。

 

大学時代からとても仲の良い友人とディズニーシーへ行ってきました。

 

 

その友人は私と同じ地元の大学(私たちはスポーツ学部スポーツ健康学科でした)へ通いながら、将来は鍼灸師になりたいと志し、大学3年生の頃から鍼灸師の資格のとれる専門学校へ大学と並行しながら通っていました。

 

専門学校の学費は、自らアルバイトで貯めた資金で通っていたんです。大学が定期テストの時期なんかは、同じく専門学校のほうのテスト週間と被ることも多々あったので、大学と専門学校のテスト勉強を同時にこなしていました。

 

私はその頑張り屋の友人のことを当時からとても尊敬しています!

 

彼女の夢は、鍼灸師として自分のお店を持つことです。

 

なので、今は新宿にある芸能人も多く通っている某有名鍼灸院で見習いとして働きながら、人脈を作ったり、経験を積んだりと自分の夢に向けて頑張っています。

 

本当に、いつも刺激をいただく努力家でど根性ある友人ですが…最近、少し悩んでいる様子でした。

 

鍼灸師はもちろん、お客さまへ鍼治療をすることですが、「〇〇さん(友人)はお客様との会話に覇気がないので、もっと、人に興味を持って、人を惹きつけるような接客トークができるといいですね〜」

 

少しクールめな彼女の性格が、接客態度としては冷たいと感じられてしまうそうで、勤めている院の院長さんからよく、こうご指摘をいただくそうです。

 

友人がクールなのはもはや性格なので、彼女なりにどうしたらもっと人を惹きつけられるような会話ができるのか…と悩んでいたのです。

 

その話を聞いて、私は提案しました!

「じゃあ、人を惹きつけるプロがたくさんいるところへ学びに行こう✨笑」ということで、ディズニーへ行ってきたのです。

 

私自身、ディズニーへ行く度に思うことで、ここで働いているキャストの “魅せる力” は、本当に素晴らしいなと…♡

 

ディズニーとは、キャスト皆さんの素晴らしい笑顔・パフォーマンス・衣装や装飾・トーク、ディズニーという非現実的な世界観が人々に感動や勇気、喜び、楽しさを与えているわけですが、その魅力から私はいつもとても大切なことを学んでいます。

 

そして、ここで働いている人たちは“人に魅せる・人を惹きつけるプロフェッショナル”だな、と思うのです。

 

「そういった視点でディズニーへ学びになんだけど、遊びに行こう!」と提案したら、友人もディズニーなんて長らく行ってなかったけど、その発想は新しいし何か気づきがあるかも!と言ってくれたので、今回はそんな素敵な志を持つ友人とディズニーへ社会見学でした✨笑

 

そして最近私は、なぜ、ディズニーがこんなに人気なのか・魅力的なのかといったマーケティングの視点でもディズニーを楽しんでおります!

 

MENU

なぜそんなに魅力的?マーケティングから見るディズニーの秘密

見つけたときには「Happy」に♡隠しアイテムの数々

有名で人気が高いものといえば、隠しミッキーなどの隠しアイテムの数々です。

 

その中でも有名なのは、シンデレラ城近くの壁画には一粒だけ本物のダイアモンドが埋め込まれているというお話。

 

壁画の中に埋め込まれたダイアモンド、というだけでもなかなかロマンチックですが、さらにこのダイヤに触ると幸せになれるという噂も…あります。

 

ディズニーファンとしては、何度来てでも絶対に見つけたくなってしまいますね!

 

清掃だってパフォーマンス

ディズニーランドの園内にはいつでもゴミはほとんどなく、とても綺麗に保たれていますよね。これは清掃員の方々がすぐに落ちたごみを片付けているから。

 

清掃を行うキャストへ何を拾っているか聞くと「夢のかけらを拾っています★」と答えてくれるという噂でディズニーランドの名物にもなっています。

 

清掃という仕事を隠すのではなく魅せる演出には驚きですね。笑

 

ディズニーには「鏡」がない!それに「時計」も?!

ディズニーランドには鏡がない、という話は知っていますか?お手洗いでも洗面台に鏡は一切なく、入り口付近にあるだけです。

 

これは鏡を見ると現実に戻ってしまうのでそれを防ぎ、夢の国を堪能できるようにするためだとか。

 

さらに時計も無く、これも時間を忘れて楽しむためだそうです。

 

日常を忘れて思いっきり楽しめるようこんなところまで工夫されているんですね。圧巻です!

 

人間の無意識まで操る設計の数々

日本でもトップクラスのテーマパークであるディズニーにはそれだけ人も集まります。しかし、それでもアトラクションの待ち時間は意外に短く感じたりしませんか?

 

「150分待ちってあったけど、あれ、もう2時間半も待ったっけ?」みたいなこと。

 

あれは通路をジグザグにすることで待ち時間を短く感じさせているそうです。また、通路そのものもアトラクションの世界観たっぷりで、待ちながら見ていても楽しいですよね★

 

さらに、人は左回りを好むと言われているのであえて右回りに回りやすいようアトラクションなどを配置することで、回り方を分散し混みづらくしているんだとか。

 

人間の無意識まで操った工夫があるんですね〜。

 

まとめ

いかがでしょうか?ディズニーには、「え、そんなとこまで?!」と思うような人が思いっきり楽しめるような工夫が満載です!

 

感動的な素晴らしいパレードや可愛らしいキャラクターだけでなく、このような努力によってディズニーの魅力や人気は支えられているのですね。

 

このようなポイントを自分の目で確かめながらディズニーランドで遊んでみるのも面白いかもしれません icon-star-o 

 

P.S. 友人も”人を惹きつけるポイント”がたくさんあって、勉強になったし楽しかった〜!と嬉しそうだったので、よかったです♪

 



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Narumiのアバター Narumi ワールドクリエイター

地元で4大を卒業後、ワーキングホリデーVISAで1年間渡豪。帰国後外資系企業に就職するも、将来に対して漠然とした不安を抱え、現状維持を打破し人生を変えたい、もっと自分らしい働き方を見つけたいという思いで2015年にPC1台で独立起業。

現在、海外で得た経験と感動をもとに『世界を舞台に自分らしく自由に生きる』をテーマにした、ワークスタイル.セカンド起業.独立起業を目指す人のためのオンラインビジネスサロン「Global Style」を主宰。二期目が活動中。ビジネスコンサルタント.コミュニティ運営.Webマーケター.Webライター.プロモーター.オウンドメディア構築.マインドコーチングなど多岐にわたり活動を展開する。

そんな中で得てきたことや私流の自分らしく生きる方法論をこのブログを通して発信しています。「一度きりの人生」あなたも私と一緒に謳歌しませんか?

   >>プロフィール詳細はこちら

MENU
閉じる