MENU

【映画評】ウォルトディズニー不朽の名作 「美女と野獣」の実写版から学ぶ。

2018 6/27
【映画評】ウォルトディズニー不朽の名作  「美女と野獣」の実写版から学ぶ。
* indicates required
   

こんにちは、Narumiです。

 

早速、観てきましたよ❤︎

 

 

4月21日から上映中

 

ウォルトディズニー不朽の名作『美女と野獣』の実写版!

 

すでに予告編や劇中シーンは公開されているので、チェックしてみてください♪

 

 

帰国したら真っ先に観に行こう!ってほど、とても楽しみにしていました❤︎

 

ハリーポッターでお馴染み、ベル役のエマ・ワトソンの大ファンな私ですが、この美女と野獣、エマ・ワトソン好きにはヤバい・・・と思います!

 

すっっっごく、かわいい!見惚れてしまう、美しさ!!

 

 

観た感想として、美女と野獣はラブストーリーですが恋愛的視点だけでなく人間愛や思いやり、人のあたたかさや優しさにも触れられてとても感情を豊かにしてくれる内容でした。

 

ありきたりなラブストーリー以上のものはあります!

 

曲やサウンドトラックも劇中の情景ととてもマッチしており、観た後はとっても爽やかないい気分になりました❤︎

 

外見よりも内面?!ベルから学ぶ!恋愛でも仕事でも信頼される人になるためには。

 

恋愛や結婚相手は顔がカッコいい、大手企業に勤めている、年収が高い…など、つい外見や条件で選びたくなってしまう人も多いのかな、この歳の女子トークでもよく上がる題目です。笑

 

ですが、それだけで幸せになることはできません。

 

ベルが幸せをつかむことができたのは基本中の基本ですが、相手を外見で判断せず、中身で判断したから。

 

外見や評判などから偏見を持たず“相手の内面”を見るというのは、やってみると難しいのですが、人間関係においてとても大切だと思うんです。

 

これができるようになれば、恋愛でも仕事でも相手に信頼されやすくなるのかなとも。

 

また、ベルの行動は「相手のためを思って」という優しさがあふれ出ていました。

 

その優しさの積み重ねが乱暴な振る舞いをしていた野獣にも伝わり、彼の気持ちも行動も変化していきます。

 

いきなり恋に落ちるのではなく時間をかけて愛を育てていくストーリーが、他のプリンセスシリーズと比べてもとてもリアルに感じました。

 

舞踏会のダンスシーンに注目!

 

私の劇中、お気に入りのシーンです♪

 

ベルの野獣を思った優しさが通じ、野獣もベルを思いやる“ 愛 ”に目覚め、やっと心が通じあった2人の心温まるダンスシーン。

 

音楽もダンス映像も美しく心に残ります。ものすごく、じーーーんと、きました。

 

大人になった今こそ学びたい!

 

『幸せ』を掴むヒントがたくさん詰まっている素敵な作品でした❤︎

 

まだ観ていない方は、この春見逃せない作品です✨

 

この記事を書いた人

Narumiのアバター Narumi ワールドクリエイター

大学を卒業後1年間ワーキングホリデーVISAで渡豪し、帰国後は地元の外資系企業に就職。就職半年目に将来に対して漠然とした不安を抱え、現状維持を打破したい、人生を変えたい、もっと自分らしい働き方を見つけたいという思いで副業を開始。

会社に勤めながらも睡眠時間数時間でオンラインビジネスに没頭したところ6ヶ月目に月収100万を達成。副業開始半年目に晴れて独立。


現在、海外で得た経験と感動をもとに『世界を舞台に自分らしく自由に生きる』をテーマにした、ワークスタイル.セカンド起業.独立起業を目指す人のためのオンラインビジネスサロン「Global Style」を主宰。二期目が活動中。ビジネスコンサルタント.コミュニティ運営.Webマーケター.Webライター.プロモーター.オウンドメディア構築.クリエイター.海外事業など多岐にわたり活動を展開する。

これまでに多くの独立起業家を輩出し、100名を超えるクライアントの理想の働き方を実現するサポートに従事する。

   >>プロフィール詳細はこちら

目次
閉じる